「日本版シュタットベルケ(都市公益公社)の類型化を考える」水道公論2021年3月号:記事寄稿

最終更新: 3月23日



業界雑誌である「水道公論」2021年3月号に、弊社森本・三輪が寄稿した記事が掲載されました。


現状、日本の公共事業の分野では、地域の課題が山積していますが、これに対して、個別個別で、事業の効率化に取り組むにとどまっています。今後は、上水道や下水道、電力、公共交通など、複数のインフラを、分野横断的にとりまとめ、最適化していくことも視野に入れる時代となっています。


そのためのアプローチ手法として、ドイツの「シュタットベルケ」に焦点を当て、文献調査を行いました。新しい事業アプローチのひとつとして、興味を抱いていただけると嬉しいです。

◆雑誌名:水道公論2021年3月号

◆記事名:海外水ビジネスの要点を探る

「日本版シュタットベルケ(都市公益公社)の類型化を考える」

(森本達男、三輪千里)


◆2021年3月号 目次はこちら

http://suido-gesuido.co.jp/kouron/2021%e5%b9%b43%e6%9c%88%e5%8f%b7/


株式会社ギエモンプロ

株式会社ギエモンプロ

〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中3丁目

© 2018 GIEMON PRO,Ltd.